はじめまして、KItoTEtoです。

「KItoTEto(キトテト)」は、東京おもちゃ美術館オフィシャルトイショップ「APTY(アプティ)」と日本のおもちゃの作り手たちにより作られたMADE IN JAPANの木のおもちゃです。

「KItoTEto」が新聞に取り上げられました!

KItoTEtoブログ担当のオウルです!

f:id:aptynakano:20180713150118j:plain

以前のブログで紹介した「百年杉の森の積み木」ですが、

おかげさまでたくさんの反響をいただきました!

 

blog.kitoteto.jp

 

秋田の伝統工芸品で曲げわっぱ製造販売の老舗「大館工芸社」とのコラボレーションで生まれたこの積み木。

 

この度、製造元・秋田の新聞社である

「北鹿新聞」

「秋田魁新報」

にて紹介していただきました!

 

 ◎新聞掲載されました!

2018年8月26日(日) 北鹿新聞

f:id:aptynakano:20180911114644j:plain

 

大館工芸社・三ツ倉和雄社長のインタビューを一部抜粋してご紹介します。

 

 「ありふれた積み木ではなく、昭和30年代から続く同社の技術や個性を生かした、最も相応しい形を模索した。」

「(節や色合いの関係で)曲げわっぱに使えないと言っても、乾燥の工程までは同様に扱う部材。長く使用しても反るようなことはない。」

 

と、商品に対してのこだわりと自信のほどを伺えました。

 

 2018年8月30日(木) 秋田境新報

f:id:aptynakano:20180911114743j:plain

秋田境新報では「小判弁当箱形積み木」のユニークな魅力について取り上げていただきました。

 

※記事本文についてはこちらで読むことが出来ます(要会員登録)

www.sakigake.jp

 

◎はじめて同士から生まれたおもちゃ

大館工芸社は「曲げわっぱ」をはじめ秋田杉の工芸品を長年に渡り製造してきたメーカー。

おもちゃの製造に着手するのは今回がはじめてだったそうです。

KItoTEtoにとっても、おもちゃ作家さん以外とコラボレーションしたケースは今回がはじめて。

双方にとって初めてづくしの非常に熱の入ったプロジェクトとなりました。

 

blog.kitoteto.jp

 

「百年杉の森の積み木」については10月ごろプロモーション動画や、製品詳細ページが開設される予定です。どうぞお楽しみに!

 

これからもKItoTEtoは匠の技を持つ作家さんと手を取り合い、

おもちゃを通じて日本の木と遊びの力を広めていきたいと思います!

今後の展開にもぜひご期待ください!

それではまた次回のブログでお会いしましょう!!

 

☆「百年杉の森の積み木」のご購入はコチラ☆

goodtoy-guide.com